女子高生の異世界召喚「君こそ救世主?」物語
Magic Kingdom

歌帖楓月



27 マリモのうた

 沈思の森、湖に浮かぶ大きな島の南端の湖岸。
 若い女性が歌を唄いながら、マリモの精霊と遊んでいた。
 曇天であるにもかかわらず、彼女たちは朗らかに笑っていた。
「都のあかり 城のあかり
 王国をささえる王のいのり
 気ままに唄う魔法使いのひかり
 湖岸にすべてあつまって
 日の光にかがやいて
 星の光に力をあげる
 湖底にひかり
 マリモのひかり
 長い時間を
 原始のひかり」
「ふふふ、よく即興で歌を作れるわね? 素敵。あなたたちは、本当の世界とこっちの世界を行ったり来たりしているのだものね。面白いでしょうね?」
 マリモの精霊たちは、身振り手振りで、若い女性に語りかける。
「私たち人間の方が面白いって? そうねえ、私たちはこの世界でしか生きて行けないものね。あなたたちにしてみれば、面白いかもね。何? 不自由でしょう、ですって? そうよ不自由よ。自由ではないわね」
 若い女性は、にっこりと爽やかに微笑んだ。
「でも楽しいわ? こうしてあなたたちと話ができるわけだし」
 マリモの精霊たちも、笑う。




←もどる ★ 次へ→
作品紹介へ
inserted by FC2 system