女子高生の異世界召喚「君こそ救世主?」物語
Magic Kingdom

歌帖楓月



90 銀の星の物語6

 その日は、明るく澄んだ青空だった。
 シルディは、その日のことを、忘れない。
 いつもどおりの一日。気の置けない同僚と連れ立って慣れた仕事をこなし、王宮に戻ると王子と王女の遊び相手をつとめて……。
 そうして、それまでの日常が、終わったのだ。
 蒼穹が、夜の侵略を受けて、その身を朱に染めた。
 その夜の空を、今でも覚えている。
 全天に、白銀の星々がたわわに実って輝き、闇をかすませていた。
 白く輝く夜だった。
 マジックキングダムの住人は、一生に一度、夜空に誓いを立てる。そうして、魔法使いの証を手に入れるのだ。適わぬ者もいるけれど……。
 シルディは、今日の夜空に、惹かれた。
 何てきれいな夜空だろう。
 まるで、世界を流れる白銀の力。
 この空は、白い魔法に、とてもよく似ている。
 私が望む、魔法使いの姿に、とてもよく似ている。

 だから、シルディは、夜空に誓いを立てた。
 年は18になっていた。
 18の年月のうちで、いちばん白く美しい夜だったのだ。そして、これからも、こんな夜は二度と来ないと、そう思ったのだ。
 だから、シルディは、夜空に誓いを立てた。

 そして、白い夜空は、シルディに、銀の星を降らせた。




←もどる ★ 次へ→
作品紹介へ
inserted by FC2 system